沖野みき

はじめまして😊タッチケアAite~アイテ~の沖野みきです。始めてオイルを使って子どもに触れました。 その時お互いのものすごいエネルギーの交換が起こりました!!!!
「こどもの気持ちがわかる」
「こんなに我慢してたんだね」
そんな感覚までも溢れてきました。
それ以来大好きな触れるコトを、家族の中で循環してきました。今度は、そのノウハウを自分たち以外の家族の元に届けします。 

記事一覧(84)

1人で遊ぶ時間も大切

お母さんになってだいぶ経つけど、私は1人の時間も必要だと思っている。私は、どちらの実家も遠方だったからなかなか気軽に預ける事なんてできなかった。小さな赤ちゃんを連れていたら、なかなか1人の時間も作れないのが現実だし、預けようにも預け先がないし、それに、超人見知りの我が子は、一時預かりでギャーギャー泣き叫び、そりゃ、楽ではなかった。泣いてる子を預けてまでする事なのかなぁ?って、預けながらも胸がチクッてなって気になったり。だから、そんな為にも、ほんのいっときでも、一緒にいる時間にめいいっぱい向き合うそんな時間が必要だと思う。子どもだって、子どもの世界がある。ずっと年がら年中、気にされてるより、子どもが求めて来た時だけ、必要な時だけ、短い時間でいいからスキンシップを増やすのも手です。 ずーっとべったりしてなくても、スキンシップ量や愛情が満たされると、少しずつ安心して離れていける。目に入れても痛くないほどかわいい我が子でも、24時間一緒にいて、しかも、自分のお風呂やごはんもままならなくて、髪振り乱して育児してる時って、疲れ切ったり、本当に自分の事が惨めに思えたり、怒ってばかりになったり。辛いのに、身近な家族だからこそ、本音が言えなかったり。(本当に本当にしんどい時ほど、抱え込んだりするものです。)そんな為にも、タッチケアがあるんじゃないかなぁって思う。私もタッチケアがなかったら、24時間365日、もしかしたら、疲れ切っていたかもしれない。インターネットで便利にはなったけど、おっぱいを代わりにやってはくれない。だったら、今一緒にいれる時間を大切にしましょう。いつか、どんなに可愛くても離れていきますよ。時には息を抜きながら。息抜きしに、遊びにきてね。タッチケア 沖野路希✉️touchcareokino@gmail.com☎︎090 9725 1142詳しい場所は、連絡を頂いた方にのみご案内します。福岡県 古賀市 舞の里年内は、まだ空いている時間でレッスンに対応します。最近では、だいぶ子どもにも頼って気軽に遊びに出掛ける事が出来る様になりました。あえて1人でお泊まり(笑)ずっと行きたかった場所。          ↓

前回のblog、夜驚症の中で書いたお母さんが変わると、、、

このページをご覧になって下さり、ありがとうございます😊出会いは、偶然であり必然です。福岡県に住んでいます、タッチケアを伝える活動をしております沖野路希 (おきのみき)です☺️私は、タッチケアが大好きで、日々子供達に触れながら過ごしています。気持ちが忙しい日も、自分自身が疲れてしまう日もも、日常に親子でタッチケアを取り入れることで沢山の幸せを感じてきました。詳しくは過去のblogなどを読んでみて下さいね。台風💨が過ぎさり、今日は、晴れたり曇ったりの福岡です。前回のお話の中で、お友達の子供が夜驚症になり、タッチケアを取り入れた所、ぴたりと止まった。と書きました。ひとつだけ、彼女の日々の子供に対する怒りに注目して話を聞きました。タッチケアの大切な約束に、相手を尊重する事。があります。これは、赤ちゃんであっても、中学生であっても、ご主人であっても、また認知症のおばあちゃんであっても一緒だと、私は思います。それは、いいものだからただ取り入れるでは、全く意味がなく、分からないから勝手にやるのでもなく、まず相手は分からないかもしれないけど、お伺いを立ててみる。って事。許可を得るってゆう、行為に大きな意味があるのではないかな、と思っています。友人にも、その話を伝えて、後は、自分が良く娘に対して抱いている負の感情は決して、ママと娘でイコールじゃないよね?って。我が家でも、昔は良くあったんだけど子供が学校に行く前、毎朝、毎朝、友達を待たせる事がママにとってはイライラの種だったみたいでだから、いっつも「早く行きない!友達を待たせるんじゃない!」って怒鳴ってたそうです。でもね、それって、本当は、友達を待たせる=友達に嫌われちゃうとか、友達にイヤな思いさせてる=友達がうちの子はダメって思われたらどうしよう、とか、心の奥にあるのは、嫌われたらどうしよう不安これだけ言ってるんだから今日は待たせないはず=期待その期待を裏切られた気持ち寂しさとか、そんな所じゃないかな。だから、もし、子供のコトでイライラしたら、まず自分の中の何に対してのイライラなのか、怒りなのかをみてみたら少しずつでも、いい方に向かうと思います。怒りも、不安も、寂しさも、そうなんだね〜。今、私はこうやって感じているんだね〜。だから、子供の事に怒ってしまうんだね〜。そんな風に感じていく。そんな感じていくことをしていくだけで、子供に対する怒り💢の感情から少しばかり解き放たれるかもしれません。かわいいと思っていた子供に、ママが怒る日々は決して楽じゃないよね。経験があるから余計に辛さがわかります。怒りたくないのに身体が、声が、心が反応して怒る。そのなんとも言えない寂しさも、辛さも疲れも、味わって欲しくないなぁと思う。なっているとしても、大丈夫。私が変われたんだから。皆んなは絶対に大丈夫。日々にふれあいを。自分のお子様にタッチケアをしてみたい。してあげたい、、、そう感じる方は連絡して下さいね。touchcareokino@gmail.com簡単お問い合わせはこちら。line://ti/p/@pdi8337qタッチケア  沖野みき